循環器科

循環器科専攻 後期研修医募集案内

概要

循環器のみに専念するのではなく、内科全般の幅広い知識を備えることが重要と考えている。後期研修プログラムもそれに 準じて作成され、優秀な 循環器科専門医の育成を目指している。

目標

1~2年間で循環器科の臨床トレーニングを行う。研修終了時の到達目標は、循環器領域の基本的診療手技や救急処置、治療方針の決定を自身で行うことができることである。後期臨床研修終了後には認定内科医・総合内科専門医を取得可能な知識と技能を有しており、さらに次のステップとして循環器専門医試験を視野に入れられるようにする。このためにも研究会や学会への参加、発表を積極的に行う。

  • 急性心筋梗塞、不安定狭心症、重症不整脈、肺塞栓症、大動脈解離などの循環器救急疾患の実地トレーニング。
  • 気管内挿管、人工呼吸器、体外式ペースメーカー、Swan-Gantz カテーテル、動脈圧モニターなど手技のトレーニング。
  • 心臓カテーテル検査、心臓電気生理検 査、ペースメーカー植込み、心電図、心臓超音波、心臓核医学、心臓CTなどの手技、判読を習得する。

秋田大学循環器内科講座との関連施設であり大学病院との連携を持ちながらの研修も可能です。