消化器科

消化器科専攻 後期研修医募集案内

研修と目標

消化器医師としての専門的な知識と技術を身につけるため、多くの疾患、症例、検査などを経験し、総合的に診断し治療することができるようになること。さらに自分の特に興味をもつ分野、得意分野を見つけ更なるエキスパートを目指すことを目標とします。また、これら研修を通して消化器専門医の取得も目標としています。【募集人員:若干名】

期間

目安としては消化器専門医の取得までの期間としてますが、たとえばまだ専攻を決めかねている場合や、消化器を専攻はしないがある程度の消化器疾患の検査を覚えたいなど相談の上、半年から1年ぐらいの短期間での研修希望などにも対応したいと思っています。

研修計画概要と経験する検査・治療

指導医の元、ガイドラインなどに沿って外来検査(内視鏡検査、消化管X線透視、超音波検査など)と外来診療を行い、また入院患者を指導医と共にチームの一員として受け持つことによって、できるだけ多くの消化器症状、消化器疾患を経験し、診断治療計画を立て計画した治療を実践することや内視鏡治療も行えることを研修してもらいます。当院は総合病院であり、その中での他科との連携をとりながら診療を行うことも学んでもらいます。

学会や研究会などでの出席や発表にもできるだけ積極的に取組み最新の医療情報に常に接することができるようにします。

一般事項

上部消化管 X線検査、内視鏡検査、治療(ポリペクトミー、EMR、ESD、止血、EIS、EVL、ステント挿入、PEG、PTEG、異物摘出、etc)
下部消化管 X線検査、内視鏡検査、治療(ポリペクトミー、EMR、ESD、etc)
肝胆膵 超音波検査、肝生検、内視鏡的胆膵管造影(ERCP)、EST、ERBD、ENBD、ENPD、ERPD、PTCD、PTGBD、切石、ステント、etc

当院消化器科は秋田大学医学部消化器内科学講座との関連施設でもあり希望があれば大学病院との連携を持ちながら研修することも可能です。

日本消化器病学会の教育関連施設になっていますので、当院における研修期間は受検資格取得のための期間となります。研修指針に準じた研修を行います。