耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科専攻 後期研修医募集案内

概要

耳鼻咽喉科は、内科的側面と外科的側面の両面を有し、聴覚・平衡覚・味覚・嗅覚などの感覚器、音声障害や構音・嚥下障害や顔面表情筋運動などの運動機能、唾液腺・甲状腺の疾患なども専門とし、多種多様な範囲を扱います。さらには頭頚部癌の診断・集学的治療をも専門とします。一方、新生児・乳幼児から老人まで、男性も女性も対象とします。また、診断から治療まで患者さんと向き合え、細分化・分業化してきている現代医療の中で、自ら診断・治療することによりQOLの改善を患者さんとともに喜ぶことができる醍醐味があります。
 当科は大仙・仙北・美郷地域で唯一の入院病床を有する耳鼻科であり、さらに、口腔外科・形成外科・皮膚科の常勤がいないため顎顔面・頚部の全ての疾患を扱います。さらに、頭頚部がん専門医暫定指導医が1名おり、横手・湯沢地方を含める秋田県南地域の頭頚部癌治療の中核病院としての機能を有しています。

目標

後期研修の目標は、日本耳鼻咽喉科学会認定の専門医となるための頭頚部領域の疾患に対する幅広い知識と技術の習得です。当科は日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設として認定されており、初期研修終了後日本耳鼻咽喉科学会に入会して当科で4年間の専門領域研修を行うと専門医試験の受験資格が得られます。なお、人口内耳手術などの当院で行っていない治療に関しての研修を希望すれば、秋田大学など他の施設での研修をすることもできます。

耳鼻咽喉科専門医コース(期間4年間:人員1~2名)

専門医カリキュラムに沿って4年の研修を行えば、日本耳鼻咽喉科学会認定の専門医試験の受験資格が得られます。当科スタッフは秋田大学耳鼻咽喉科医局に所属しており、希望があれば秋田大学耳鼻咽喉科医局に入局することも可能です。

1年度

一般的な耳鼻科的診察手技の習得と簡単な処置の習得
     各種ファイバースコープ・顕微鏡・超音波検査装置の習熟
     簡単な鼻出血への対応、気管内挿管・カニューレ交換を含む気道の管理
各種聴覚検査・平衡機能検査・顔面神経検査の実施・結果の解釈
一般的なCT・MRIの読影の習得
術前・術後管理の習得、非手術例の全身管理
結紮・縫合などの手技の習得、扁桃・アデノイド手術、外来小手術の習得

2年度

複雑な外来処置の習得
     上顎洞穿刺、鼓室洗浄、鉗子付ファイバースコープによる処置、
     鼻腔後方からの鼻出血への対応
悪性疾患の鑑別
PET・SPECTの結果の解釈の習得
気管切開術、声帯ポリープ切除術、鼻骨骨折整復術、良性甲状腺疾患手術

3年度

顕微鏡下の処置(鼓膜チューブ留置など)の習得
エコーガイド下穿刺細胞診の実施
内視鏡下鼻副鼻腔手術(指導の元で)、耳下腺手術

4年度

非急性期めまいや難聴の診断、睡眠時無呼吸の診断
下級医への指導、医療事故・手術合併症などへの一次対応
鼓膜形成術、鼓室形成術、頚部リンパ節郭清