平成23年度

医局研修会状況23年度

平成23年度画像診断勉強会記録

開催月日 症例の概要
2011年5月10日 整形外科 左側に転倒して受傷。歩行不能。その日のうちにヘモグロビンが2g/dl低下。
呼吸器外科 左肺の虚脱
正常
COPD、hot中、SpO2低下
脳外科 3日前から頭痛。嘔吐あり。
外科 下腹部痛にて紹介
2011年6月14日 脳外科 1週間前から頭痛、嘔気あり近医受診。1週間後三浦クリニック受診しCT撮影。同日当院紹介となった。JCS1ケタ。
頭痛、嘔気で大石脳外科から紹介受診。
物が2重にみえる、まぶたが垂れ下がってくると言って受診。CTではn,p
整形外科 左手をついて手首が痛い少年。手関節Xp
転倒して来院。左股関節痛。左の股関節を回旋させると痛みが増強する。骨盤部のXpで両側の大腿骨頭を比較。
外科 右下腹部痛3例の比較
2011年7月12日 呼吸器外科
消化器科
2011年9月13日 脳外科 SAH術後の患者。1週前から嘔吐、歩行障害。JCS2。右頭頂葉に出血あり、ICAの動脈瘤によるSAH。
整形外科 野球部の少年。右足痛にて歩行できず。X-pにて第3中足骨に疲労骨折あり。
外科 腹痛にて来院。小腸のドーナツ状の壁肥厚が経時的に増悪、腹水も出現。SLEの既往あり。ループス腸炎にてステロイド治療で劇的に改善。
2011年10月11日 呼吸器外科 右側胸部痛、背部痛、発熱。他院で和胃スタールで様子を見ていたが、経過中に激痛を生じ、転院。嫌気性菌による膿胸と診断(CT).ウロキナーゼ溶解療法開始。
外装、右胸水のため近医より紹介。3日で4500ml排液。2週後、胸水が多数のニボーを形成。胸膜肥厚していたため胸腔鏡下に洗浄ドレナージを施行。しかし肺は術後。含気が開腹しなかった。
2011年11月8日 呼吸器外科 検診のX線写真で異常を指摘。右肺門部の腫瘤あり、シルエットサイン陰性。CTで前縦隔の腫瘤で胸腺腫の診断。抗アセチルコリン抗体陽性。
整形外科 転倒後、左股関節痛。徒歩で受診。外転型の大腿骨頚部骨折。保存的に加療。
整形外科 膝痛の訴えあり。後日の写真で大腿骨の疲労骨折と判明。(大腿骨遠位部の骨肥厚)
外科 発熱、腹痛で転院。腹部所見はパンペリ。CTで腹水貯留。骨盤内の小腸の造影強い。左卵巣に嚢胞状の病変。手術で卵巣膿瘍破裂の診断。
2011年12月13日 外科  
脳外科
整形外科
2012年1月10日 外科  
2012年2月14日 脳外科 倒れて不穏状態のところを家人に発見され搬送。JCS3。CT上、側脳室内に血腫、鞍上槽、前頭部大脳鎌に出血。SAH+水頭症。
突然の頭痛、意識清明、麻痺なし。CT上、出血源は不明。腰椎穿刺で血性髄液。SAH.
整形外科 足を強くついたところ膝痛あり、脛骨プラトーの陥没骨折。
腰痛。X-p上、pedicle sign (+)。椎体のmiddel~retroがおかしい。骨転移の所見、
2012年3月13日 脳外科 左口角下垂。CT上、出血性脳梗塞。ECGでは洞調律であったが、心原性の脳梗塞と思われた。
左視床梗塞後、DM合併症例。発語障害。ヘパリン化して精査したところ、MRI、DWIで左前頭部の脳梗塞と診断。
整形外科 高いところから落ちて歩けない。X-p上、踵骨骨折。
外科 下血が続くため入院、精査。CFでは異常なし、CTで下腹部に腫瘍性病変。小腸から連続する。婦人科的腫瘍と鑑別を要したが、症状のGIST。

院内研修会記録

開催月日 研修内容
2011年5月17日 心電図の読み方
2011年5月24日 救急症例検討会
2011年5月31日 胸部X線、胸部CTの読み方
2011年6月21日 BLS・ACLSについて
2011年6月28日 救急症例検討会
2011年7月5日 末梢輸液・PPN・TPNIについて
2011年7月6日 血液ガス分析の読み方
2011年7月19日 抗生物質の使い方
2011年7月26日 救急症例検討会
2011年9月27日 救急症例検討会
2011年11月1日 血管外漏出対策
2011年11月15日 抗菌剤の適正使用とガイドラインについて
2011年11月29日 慢性腎臓病(CKD)と腎性貧血
2011年12月20日 救急症例検討会
2012年1月17日 CPC臨床病理検討会
2012年1月24日 救急症例検討会
2012年2月28日 救急症例検討会