特定健診・特定保健指導のご案内

特定健診(特定健康診査)とは

厚生労働省により、平成20年4月から実施が義務付けられた、内臓脂肪型肥満に着目した健康診査です。
対象となる方は、年度内中に40~74歳になる方で、健康保険に加入している方が対象です。
実施の目的は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の方を対象に生活指導を行い、生活習慣病を予防することです。その背景には、生活習慣病の中でも、糖尿病、高血圧症、脂質異常症など肥満と密接な関係があることがあげられます。

特定保健指導とは

特定健診の結果、腹周り(おへその周りの一番大きい部分)が、男性85cm以上、女性90cm以上がピックアップされます。また、腹周りは基準以下でも、BMI(肥満をあらわす指標)が25以上の人もピックアップされます。そして、その他の検査項目(血糖値、中性脂肪、HDLコレステロール、血圧)と、喫煙の有無のうち、2項目が当てはまった方に、特定保健指導が行われることになります。ただし、血糖、血圧、脂質について、すでに内薬している方は除かれます。

特定保健指導は、減量するために、医師、保健師、看護師、健康運動指導士など、専門知識のある者から、食生活や運動の指導を受けて、生活習慣を見直していくものです。

※「特定保健指導」を受けるには、健康保険組合(保険証を発行しているところ)から届く「特定保健指導利用券」が必要です。利用券が届いた方で、当院で保健指導を受けたい方は、予約制になっておりますので、ご連絡下さい。

お申込み・お問い合わせ先
健診センター
TEL 0187-65-8111
月曜日~金曜日
時間:9時30分~16時の間にお願いいたします。