お仕事拝見 準夜勤 東棟5F

業務開始の16:30までに、先輩ナースと一緒に
夜間追加分の点滴の確認を行います。
血糖測定等、就寝までの間に検査をすることも
あります。

 

 

日勤勤者からの申し送りを受け、準夜勤帯の注意事項を
確認します。日勤帯との大きな違いは、担当する患者様
の数です。日勤帯の約3倍前後の患者様を、一人で受持
ちます。4F西の準夜勤スタッフは、Aモジュール担当
1人Bモジュール担当1人です。ベビー室担当の担当が
一人います。17:00~21:00までの遅番業務担当が
一人います。
深夜勤と同様に少ないスタッフで協力しあいます。

担当患者様のお部屋に伺い、病状の悪化や看護問題が
発生していないか、バイタルサインを測定しつつ
アセスメントします。同時に点滴等の投薬や、
食前の血糖測定等を行います。

 

食卓の準備と介助です。食事が終了したら食事摂取量の
確認、食後の服薬の介助、洗面の介助等があります。
後片付けが終了したら一段落です。
時間を見つけて記録もします。

 

夕食を摂り休憩です。休憩時間にもナースコールに対応
します。

就寝前のラウンドです。眠れそうか、容体に変化がないか
伺いながら観察します。就寝前の投薬や点滴ラインの確認
・追加等を行います。
21:00に病室の消灯です。

消灯後のラウンドです。眠れているか静かに見回ります。
術後の患者様は1時間ごとの観察が一晩続きます。
痛みや不安に対応し、変化があれば当番医に報告し
指示を受けます。

深夜勤者に引き継ぐ時間です。
準夜帯の間の変化や深夜勤で必要になる処置等を
ポイントを押さえて申し送ります。

退社時間です。なれない夜の勤務で少々疲れました。
充分に休養をとり体調管理を心がけます。