呼吸器外科

1.はじめに

当科は平成20年4月に開設されました。県南地区で肺がんを専門的に扱う数少ない機関であり、安全かつ最新の医療を提供すべく努力しております。地元の開業医さんや病院と密に連携し、また手術加療に関しては秋田大学呼吸器外科からも応援を得ています。
肺がんは今や年間死亡者数が70,000人を超え、高齢化で喫煙大国の日本では今後ますます増えていくことが予想されています。肺がんは早期に発見すれば治癒が望めますが、早期の肺がんは症状がほとんどなく、発見は遅れがちです。健康な時こそ検診が重要です。最近、CT検診が早期肺がんの発見に有効で、重喫煙者の肺がん死亡率を減らすことが分かり、注目を集めています。当院では希望者に対してCTを用いた肺がん検診を行っています。

<呼吸器外科>

胸部外傷、気胸、膿胸の治療に加え、肺や縦隔の腫瘍、特に肺がんの早期発見と外科治療に重点を置いています。早期肺がんは手術療法が原則です。当科では、傷が小さく患者さんの負担が少ない胸腔鏡手術を積極的に導入しております。

<呼吸器腫瘍内科>

当科の特徴として、肺がんの診断、外科治療だけではなく、大多数を占める進行肺がんに対する内科治療(薬物療法、放射線療法など)も行っています。
近年の肺がん薬物療法(化学療法=抗がん剤治療)の進歩は目覚ましいものがありますが、その人にあった最適の治療を行うよう常に心がけています。患者さんのQOL(生活の質)の維持を重視した外来化学療法を積極的に行っています。また肺がん薬物療法の発展のために他医療機関と共同で臨床試験も行っています。

2.専門医制度と連携したデータベース事業(NCD)への参加について

 2011年1月1日から、日本全国で実施される外科手術症例に関する情報をデータベース化する事業がおこなわれることになりました。本事業は外科専門医制度のみならず、各種の専門医制度が協働して行う多施設共同研究です。また、データを取り扱う独立した機関として一般社団法人National Clinical Database(日本臨床データベース機構、NCD)が設立され、本事業の管理運営を行うこととなっています。これらの医療の現状把握を目的に実施されるNCD事業に大曲厚生医療センターも参加し、外科・呼吸器外科・脳神経外科における手術症例について登録を開始することになりました。

 その方法につきましては、外科系各科の手術をお受けになった患者さんの診療情報(生年月日、性別、入院日、疾患名、手術名、治療法など)を当事業に提出させていただくことになります。個人情報保護法に基づき個人情報が病院外で特定されることのない形(匿名化)で提出されますので、その点はご安心頂き、ご理解の上ご協力のほどよろしくお願いします。

 また、患者さんが本事業に対して、参加を拒否していただくことは可能であり、拒否されても、日常の診療等で不利益を被ることは一切ありません。ご不明の点があれば主治医にご連絡ご相談ください。

 患者さんにご理解頂きたい事柄を下記に掲載しておりますので、ご一読くださいますようお願いいたします。

NCDへの参加について

 一般社団法人National Clinical Database(NCD)のホームページでは、事業の詳細や倫理的配慮について、掲載されています。詳しい内容については、以下のホームページをご覧下さい。

一般社団法人National Clinical Database(NCD)

 

3.肺癌登録合同委員会 第7次事業:2010年肺癌手術症例の全国登録調査

原発性肺癌は本邦における死因の第1位であり、日本国民の健康福祉の向上のために治療成績の向上が求められています。原発性肺癌の治療には外科治療、抗癌化学療法、分子標的療法、放射線療法がありますが、根治のためには外科治療が必須です。外科治療の成績の更なる向上のためには、大規模なデータベースによる治療成績の把握により、外科治療の適応や術式の妥当性が検討される必要があります。

日本肺癌学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器外科学会、日本呼吸器内視鏡学会の4学会が合同で運営する肺癌登録合同委員会は、日本の肺癌診療の診療成績を把握するため、定期的に全国の施設に協力を求めて、大規模データベースを構築してきました。肺癌登録合同委員会は、今回、第7次事業として2010年の原発性肺癌外科治療症例の後ろ向き登録を開始することになりました。登録症例の解析結果をもとに、最新の肺癌治療成績を把握し、今後の肺癌診療に活かしていく予定です。また当事業の症例データベースは世界肺癌学会の国際データベース事業とも共同して、国際対癌連合(Union internationale contre le cancerあるいは The Union for International Cancer Control、略してUICC)による TNM分類の改定にも貢献する予定です。

当院は、2010年に旧仙北組合総合病院で肺癌に対する外科治療を受けられた患者さんの診療情報を肺癌登録合同委員会 第7次事業に登録し、全国および国際共同研究に貢献する予定です。研究計画書は、事務局である大阪大学 呼吸器外科学のホームページにも掲載されていますので、必要な場合はご確認ください。

個人情報の管理は厳重にしておりますので、ご理解お願いします。

ただし事業と研究への参加を拒否される場合はご連絡ください。拒否の申し出のある患者さんの診療情報の登録は致しません。

ご協力よろしくお願いいたします。

4.診療実績

 

  全麻手術 気管支鏡検査※ CVポート挿入
平成27年 93件 80件 44件
平成28年 101件 103件 36件
平成29年 91件 126件 49件

 ※平成29年10月~ EBUS導入しました

施設認定:呼吸器外科専門医合同委員会認定修練施設