診療基本方針

  1. 患者の権利と尊厳を尊重し、十分な説明と同意による医療を提供する。
  2. 安全な医療を提供するために、常に各部門が情報を共有して協力し合う。
  3. 地域の中核病院として質の高い医療を提供できるように日々研鑽努力する。また、救急医療や健康診断などのサービスを提供し、リハビリや訪問看護等を介して患者の生活復帰を支援する。
  4. 新しい知見を得たり、示唆に富む症例を経験した場合には、学会、専門雑誌に発表して医学の進歩に寄与する。
  5. 治験を行う場合には、治験委員会および倫理委員会における十分な検討による承認を得るのみならず、十分な説明による患者の同意を得るとともに常に患者の安全と権利の保護に努める。